今日から5回にわたりインドネシア、バリ島の魅力を再確認してみようと思います。

私がバリと出会ったのは22年前「おおーー!!」

ゼロ歳で行ったわけでは無いので歳が・・・www

その頃はアジアン雑貨店がちらほら出てきた頃です。



インドネシア総領事館に出向いたり、インドネシア貿易振興センターの方のご協力もあり

バリ雑貨店を始めたり、時代は携帯電話を丁度持ち始めた頃でした。遅っそ!!

友人へ誘われて女子3人で行ったバリ旅行が全ての始まりでした。

カラフル、海綺麗、人が多い、観光地、適当、安い、雑貨可愛い、売り物にお菓子のくず、売り物に

タバコの焼き??・・・。

と、テレビでバリ島なんで出ていない頃ですから、凄く魅力を感じて短い旅行期間でも

たっぷり楽しんだのでした。



中でも、雑貨の可愛さには惹かれました。

私が大切にしている物は「アタバック」。

夏が来るのを毎年楽しみにしています。

人気のアタバックですがジャワ島では出回っていません。

現地の女性たちの間ではやはりお高い革製品のバックが人気です。


image1 (18)


アタはシダ科の植物から出来ていますので、インドネシア人にはあまり魅力は感じられないのでしょう。

材料が植物ですから。

手編みで細部まで奇麗に編まれています。

茶色い光沢のある色は燻してあるのでつやが出てきます。

防虫効果や防カビの効果が本当にあるのか?



ご存知ない方の為に一応。

原料のアタは、インドネシアに自生するシダ科の植物で、バリ島のトゥガナン村で製作しています。

バリ島は外国人も多く住む所ですので、デザインも毎年お洒落になっていると思います。

需要に答えようと皆さんとても綺麗に作って下さっています。

コースターやバスケットにお皿など、インテリア製品も可愛いですね!

日本のお洒落カフェでも多く見かけます。




私のアタバックは5年以上なりますが、状態も変わらずカビも虫食いもありません。

実はこのバックは買う時に既にほつれがあったのです!!

どうしても、このデザインのバックが欲しくて!!

でもね、手編みですから網目に差し込んだら直るのが、手編みのバックです。

気に入ったバックがあって直せるようなら買っちゃいな!!買っちゃいな!!

でも、現地で買う時には値切ってね。

「ほつれあり。在庫ある?無いなら安くしてよ。」

今欲しい方は、日本でもネットで沢山出ているので楽しんでみてください。


私のお気に入りのように上が巾着のように絞った物が沢山入ります。

後四角いのが良いですよ!

小さい丸いのを衝動買いしたい気持ちも分かりますが、持ち物で丸い物は・・・あるの?

まずは四角いタイプの物を先に買って、その後丸い物を好きなだけ買ってください!

可愛いけどティッシュとハンカチだけって小学生じゃないんだから・・・。

小学生のDSまで入らないかもね!

これは余計なお世話ですね。ごめんなさい。

image1 (19)



メガネケースにボトルやパンパンの財布を入れても大丈夫なところが魅力です。

重さに強い!!

これは使った人にしか分からないし、そんなに皆入れないかもしれませんが

私は沢山詰めたい方なので実証済みです。

後、凄く軽いです。



image2 (13)

荷物を詰めた後ですがまだまだ入りますね!

籐で出来た小さい可愛いバックを以前買いましたが、デザインが懲りすぎて重いし入らない。

パーティーで1度だけ使ったきりどこに直したのか見かけません。







image3 (4)


ペイントの事が書かれているサイトもあるので誤解が無いように、この写真の

左側の花の部分がペイントです。

これはアタでは無いのですが。

これもとても可愛いのですが、ファスナーや持ち手部分の金具が濡れたら錆びそうな??

安い部品を使っているので現地で買うときはファスナーには気をつけて下さいね。

YKKと書いてある偽者もありますので、開け閉めしたらすぐ分かると思います。

確認してね!

現在ルピアが最安値を更新しているので、細かい部品なども中国から入ってこないと親戚が嘆いておりました。




お値段はデザインが凝ると1万円以上しますが、それだけ大きさに比例して手間も掛かるので

納得のいく一品をどうぞ!




私の母ももうすぐ80歳ですが夏は使っていますよ!

年齢問わずお洒落じゃない方が持ってもお洒落さんみたいに見える一品です!