夫は今では日本の地で知り合いも多く人脈が私より広いのでは無いでしょうか。そんな彼に相談事が多く寄せられます。人材確保のために日本に友人を呼んでくれとか、派遣会社を一緒に興そうか・・・。実際経営者の方々は団塊世代のベテランさん達が退職して困っているようで、理想は若手を採用してじっくり仕込みたいようですが、酷いときは1日来てもう来なくなる人も居たそうです。夫のインドネシアの近所に工業高校があり校長先生に日本語教師を頼まれたり、日本に行かせる派遣会社を一緒に作ろうと話が来ていました。この時は日本語能力試験のN3しか持って居なかったので人に教える自信が無かったそうで断っていました。派遣会社の話もあやふやにしていました。今回日本人の社長に相談されたのでちょい真剣に調べてみると最初に2000万円資金が必要なので中々簡単には始められないようです。日本人が集まらないなら外国人を雇おうと簡単に思ってもそう簡単にはいかないようです。働く人達もお金が良くて楽な方が良いし、危険できつい仕事は敬遠されます。でも最初に配属が決まった企業で3年間は我慢するようです。合わないと思っても他の企業に替われないようで皆我慢するそうです。酷い病気になったら即帰国!厳しいですね。技能実習制度は技術を教える事が定義ですが実際は従業員が集まらない日本企業のためにある感じもしますね。皆分かっているのですが・・・。奴隷と書く人も居ますがそこはちょっと違います。外国で生活が出来て給料も貰えて考えを変えてみれば人生のうちの3年間新しい経験が出来る!そんな気持ちで働いて欲しいです。沢山友達を作り文化を学び他国に住んで自国の良さを知るとか家族の大切さを知るとか・・・。私も同じでした。インドネシアに住むまで日本の良さに気付かなかったーー!研修生や外国人技能実習生について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。JITCO(ジッコ)


今日は夫が再就職してからの初給料日。
失業保険貰いながら半年我が家のリフォームして半年インドネシアに帰って一年ぶりに働いて久しぶりの心躍る給料日。これ親にあげてと諭吉を頂きました。実はお昼私も夫の初給料日だからと食料品を袋一杯あげたのでした。一緒に何でも喜び合えるのが家族だよねーー。毎月あげるからねーー!有り難う良き夫よ(*^_^*)明日は早速私は美容室。夫は友人達と桜島に魚釣りです。準備する姿が楽しそうです!