タグ:派遣会社

夫は今では日本の地で知り合いも多く人脈が私より広いのでは無いでしょうか。そんな彼に相談事が多く寄せられます。人材確保のために日本に友人を呼んでくれとか、派遣会社を一緒に興そうか・・・。実際経営者の方々は団塊世代のベテランさん達が退職して困っているようで、理想は若手を採用してじっくり仕込みたいようですが、酷いときは1日来てもう来なくなる人も居たそうです。夫のインドネシアの近所に工業高校があり校長先生に日本語教師を頼まれたり、日本に行かせる派遣会社を一緒に作ろうと話が来ていました。この時は日本語能力試験のN3しか持って居なかったので人に教える自信が無かったそうで断っていました。派遣会社の話もあやふやにしていました。今回日本人の社長に相談されたのでちょい真剣に調べてみると最初に2000万円資金が必要なので中々簡単には始められないようです。日本人が集まらないなら外国人を雇おうと簡単に思ってもそう簡単にはいかないようです。働く人達もお金が良くて楽な方が良いし、危険できつい仕事は敬遠されます。でも最初に配属が決まった企業で3年間は我慢するようです。合わないと思っても他の企業に替われないようで皆我慢するそうです。酷い病気になったら即帰国!厳しいですね。技能実習制度は技術を教える事が定義ですが実際は従業員が集まらない日本企業のためにある感じもしますね。皆分かっているのですが・・・。奴隷と書く人も居ますがそこはちょっと違います。外国で生活が出来て給料も貰えて考えを変えてみれば人生のうちの3年間新しい経験が出来る!そんな気持ちで働いて欲しいです。沢山友達を作り文化を学び他国に住んで自国の良さを知るとか家族の大切さを知るとか・・・。私も同じでした。インドネシアに住むまで日本の良さに気付かなかったーー!研修生や外国人技能実習生について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。JITCO(ジッコ)


今日は夫が再就職してからの初給料日。
失業保険貰いながら半年我が家のリフォームして半年インドネシアに帰って一年ぶりに働いて久しぶりの心躍る給料日。これ親にあげてと諭吉を頂きました。実はお昼私も夫の初給料日だからと食料品を袋一杯あげたのでした。一緒に何でも喜び合えるのが家族だよねーー。毎月あげるからねーー!有り難う良き夫よ(*^_^*)明日は早速私は美容室。夫は友人達と桜島に魚釣りです。準備する姿が楽しそうです!

高齢化が進んでいる日本ですが、それをとても感じたことがありました。

それは去年の派遣のお仕事です。

photo


大手有名企業ですが半分は外国人で支えられていました!

私と同じ日に入った子は日系ブラジル人、日系ボリビア人、日系ペルー人。

同じ部署で気も合い楽しい職場でした。



ボリビアの彼女は日本語がまだ上手くなかったのですが、部屋はスペイン語、ポルトガル語、

タガログ語、英語、日本語で、機械に書いてある注意も外国語を使っていました。

新しい仕事の説明は誰かが通訳してくれるので、何も問題なかったです。



色々な派遣会社が入っていましたが、時給も会社で色々でした。

2箇所の企業で派遣の皆からの情報を元にまとめてみました!



時給は同じ会社でも派遣会社が違うと差が有ります。

時給1200円から時給1350円くらいまで。

休まなかったら貰える皆勤が付かない会社0円と15000円付く会社あり。



制服は通常のポロシャツ、作業シャツは、派遣会社が用意してくれます。

制服は無料の所もあり、有料の所は冬のジャケットだけで5000円。タカッ!!

でも、アウターはパーカー着たり、ダウン着たり、うるさく言われませんでした。



安全靴は持っている場合はそれを使うように言われます。

持っていない場合は自分で買うか、会社から買うか値段を聞いてからでも大丈夫です。

怪我をしないように靴にはうるさかったです。



入社祝い金ありの所は最初に10万円位貰えて、6ヶ月間かけて数万ずつ

毎月お金が貰える派遣会社もあります。

そんな場合は皆勤が付かなかったです。



担当者と仲良くなると派遣のお金事情も教えてくれます。

一人にかける金額は何処も大体同じだそうです。



しかし、日系ブラジル人は時給がよくて残業がある会社を選ぶので、

日本人より会社選びにシビアでした。



良いところが見つかるとさっと辞めます。

でも派遣会社も考えているので、一ヶ月前に退職届を出さないと、きちんと給料を

払ってくれないそうです。

それでも辞めたい人は辞めるし、同じ職場でも時給の良い会社に変わる人も居ます。

同じ企業でも一度辞めてから、派遣会社を変えて入りなおす人も多いです。

そこにびっくりしました。



私は時給が低くても最初に祝い金を貰っていたし、担当者がしっかりした人だったので

派遣会社は変えませんでした。


以前の日系の人たちは子供を親に預けて、夫婦で働きに来ている人ばかりでしたが、

今は子供も日本の学校に通いながらとか、日本で生まれた子供たちが

働いている時代になっていました。

日本人と喋りも変わらない、顔は外国人の綺麗な女の子たちが沢山居ました。

びっくりするくらい尻のでかい人も居たよ!!



残業代好きで沢山働くので税金も凄いと嘆いていましたが、彼女たちの労働力と税金で

日本を支えてくれているんだなと感じました。



大企業でも、外国人が入れないところもあります。

でも、そんなところには無理して入らないほうが良いです。

時給が良いわけでもないし、ルールにうるさくて、フレンドリーではないし、

良いことなんかありません。

暗くて、挨拶も出来ない人が沢山居ます。

意地悪な変わった人が多いです。



逆に外国人OK!の企業は、ルールも馬鹿みたいにうるさくないし、色んな人種が居るので

思いやりがあって差別的な人は居ません。

日本語能力にもうるさくないです。

入ってからでも自分のやる気さえあれば勉強できます。

優しい人が多いです。



入りたい企業を決めてから、

そこにどんな派遣会社が入っているか調べて、

時給や皆勤を聞いてみるのが良いと思います。


派遣で働いている友人が居たら担当者を紹介してもらうとか簡単です。



もう勤めてしまってから同じ仕事内容の人が自分より、

時給が高いと聞いたら悔しくなりますからね!



外国人で正社員で入ってもなかなか続かない方は、派遣からまず入っても

契約社員へなれたり、派遣会社の社員になれたり、3年たってから企業に

直接雇用してもらうとか、色々道はあります。

直接雇用は地方の企業は進んでしています。


派遣会社の担当者にいずれ直接雇用してくれる会社に勤めたいと、

相談してから決めるのも良いと思います。

働いてみて合わなければ派遣会社が次を探してくれるし、情報も色々入ってきます。

まずは恐れず行動です!



これは体験した事と、友人達からの情報をまとめたものです。

全てではないと思いますが少しでも参考になれば幸いです。


今夜ダーリンは新年会!

40人ほどで魚民だそうです。

私はカフェラテ飲みながらシエロしてます^ - ^

まったり久しぶり!


この前も書いたのにフリーズしてUP

出来なかった就職について再挑戦^_^;


今関西に来てますがどんな流れで

こうなったのか簡単に流れをご紹介。

まずインドネシア在住時から日本に帰国

したら、派遣会社に登録して夫婦で働こうと

決めていました。

派遣会社も沢山あり、外国人、シニア、女性、

カップルなど、職場によって

詳しく書いてあります。


私もこんな経験は初めてだったので少し

心配だったのですが、前に進まないと

何も変わらないと勇気を出しました^ - ^



「はたらこネット」という就職サイトから

自分が働きたいなと思う会社を見つけて

申し込みました。

5件の募集に申し込み、よく見ると派遣会社が

それぞれ違いました。


その後の派遣会社から連絡があったり、

電話面接があったり、履歴書を送ったり!


そんなやり取りをしていたら「この会社

大丈夫?」とか思う会社もあったり、


やはり自分達の生活をお任せするんだから

信用できる会社が良いと思い

今の派遣会社に決めました。



会社選びは派遣会社にお任せしました。

条件を言って合う会社をピックアップして

もらいその中から自分達で決めました。


仕事をスタートさせてから気付いた事は、

この会社外国人も5パーセントくらいいる様で、

外国人だからと特別に意識されている様でも

なく「どこの国?」なんて聞かれないのに

びっくりしました。


入社前に計算や手先と頭の簡単テストがあり、

採用が決まり入社してから会社で教育訓練が

1週間ありました。


その中でゲーム式のテストがありトランプ

配りや棒並べ、筆記テストは絵を見て間違い

探しや計算があり採点後によく見ると

スピードでは無く、回答した問題の正解率が

重要だということでした。



仕事って正確さが一番重要ですよね!

スピードはいつかはついてくるものです。

今からその様な試験を受けるかもしれない

方は、しっかり落ち着いて実力を発揮して

下さいね!


日本語は難しいかもしれませんが

日本語能力3級程度で、会話で意思疎通が

出来れば日本人と同じ様に

同じ条件でお仕事探せます!

頑張れインドネシア人!

2018追記〕外国人が多い職場が楽しくて、
                   厳しくありません。
                   この最初の会社は後で失敗したと
                    思ったのでした!



IMG_3013


このページのトップヘ