タグ:安い

インドネシアジャワ島にGARUT「ガルッ」という温泉で有名な場所があります。
FullSizeRender
革製品も有名でインドネシア人観光客も多いです。


革バックやサンダルは日本よりずっと安いです。バックは有名ブランドのデザインと同じ物が安価で買える町です。


有名ブランドバックをインドネシアで製造して、ミスったB品を売っているのかB品なのかは定かではありません。


ラルフローレンのB品はインドネシアの国内線空港で売られています。タグが逆に付いていたのでB品と分かりました。

FullSizeRender

ショーケースに並ぶルビーやオパールはほぼ店主が作ったものです。


どでかい物は無いですが、日本女性が好みそうな小ぶりの物が多かったです。
FullSizeRender

GARUTで大きな綺麗な石が発見され名前は「ばーちゃんどこ」です。
面白いネーミングで忘れられません。
エメラルドや翡翠の緑に似ています。


尋ねてみたのですが皆んなが買い漁り今ではお店にも出回らないそうです。


インドネシア人コレクターの物となったようです。


良い物が出て来てもインドネシア国内で需要がある為、なかなか海外へは出回らないようです。


インドネシア男性は指輪を毎日身に付けて、暇があればスリスリしていますからね。

FullSizeRender

こちらはファイヤーオパールみたいな感じです。


黄色のベースカラーに赤の遊色効果が見られます。

FullSizeRender

お店の中と外で見た時の色は全然違います。お店の人に許可を頂いてから外で見る事をお勧めします。



IMG_9739

今回の買い付けはこちらの8点。お友達から頼まれて買った物です。


スタールビー、オパール、サファイヤなど私のお気に入りをチョイス。


大満足^ - ^


FullSizeRender

ジャカルタからバンドンを過ぎて少し行ったところです。


GARUTカタカナではガルトとGoogleマップに出てきます。


ご興味のある方は是非是非!

ブラックオパールの買い方について
FullSizeRender

オニキスのように真っ黒にも見えるブラックオパールですが、インドネシア産はジャワ島のBANTEN産になります。



店内で見ると真っ黒に見えます。
一歩外へ出て太陽に当てて見るとびっくりする様な綺麗な色が浮き出て来ます。



これは太陽の光を当てた時に、緑と赤色が浮き出て来た様子です。
綺麗!!
5003
これが現地で3万円といわれ、2個買うからと値切って1個2万5千円になったブラックオパールです。



インドネシア男性は指輪をするので、ほぼ男性用リングが付いています。



サイズが合わない場合は店内で合うサイズのリングを探して、付け直してもらうこともできます。



ラジャと名付けられたブラックオパールはこちら!
FullSizeRender
ランプを当てて見るとブルーがベース色の様にも見えますね!
かなり大きくてアクセサリー向けではなく、家宝サイズの箱に入れたいタイプです。


石好きな男性なら指輪として良いのですが、女性にはかなり大きく感じるサイズでした。
素敵すぎ!
FullSizeRender
価格は6万円程です。
大きいサイズは高価になりますが、厚みもインドネシア人にとっては重要なポイントです。



オパールを購入する時は是非横や下から見たり、貼り合わせかどうかチェックしてみて下さい。


FullSizeRender
1個買うより2個買う方が値切りやすく、お店の人も必ず負けてくれます。



これはファイヤーオパールですが、1個5000円ずつ安くしてくれました。



昨日も買ったから今日安くして!と言っても下がりません。
一番はまとめて買うから下げて欲しい!と言うのが安く買えるコツです。




言い値の半分から交渉してみて下さい。
買い手と売り主の丁度真ん中で決まるかもしれませんよ。




このお店で数年前から買っているのですが、今回はかなり高くふっかけられている気がします。



信頼しているから払わなくても今日持って帰って良いよ!と言っていました。



信用を逆手に取ったおばちゃんの営業トークです。



そんな事を言われても私は信じていません。
値段が思ったより高かったからです。




石の値段は見る人にもよります。
熱くなってすぐ買わなくても大丈夫。
そんなにすぐ売れないので、ゆっくり次の日に買いに行くのも一つの方法です。



1万ルピア(1200円)払ってくれたら明日まで誰にも売らないとも言ってくれたのですが、
そのお金は購入時に返してくれないお金だと分かり払いませんでした。



日本なら請求金額から引いてくれるのが普通ですが、お国が変われば違います。
おばちゃん凄いパワー!



購入する事が決まったら、リングが気に入らないとか、サイズが合わない場合はそこで変えてもらえます。




石のサイズにもよるので、なかなかぴったりのリングを見つけられないです。




男性用のボリュームありすぎのリングが嫌なら、金を売ってるお店で作ってもらうことも出来ます。



金1g7000円で約4g位の女性用のリングはできるそうです。
28000円。
銀色で良ければ1g400円。
1600円で好きなデザインが選べるのは嬉しいですね。




材質はプラチナと呼んでいましたがプラチナ色ということでしょうね。



金は日本のように18金はあまり人気がないので、純金のアクセサリーのお店が多いです。



純金は濃い色の金ですが強度が無いので、落としたりすると凹んでしまいます。



金は財産として購入します。
インドネシアではアクセサリーも純金を好みます。



アクセサリーには18金がお勧めです。
千切れたりしたら泣きたいからです。
以前持っていたエリザベス女王のコインは顔が凹んでしまいました。
純金は柔らかいですね。




インドネシア で素晴らしいオパールに出会える事を祈っています^ - ^

























夫家に居まーす!
来週から新しい会社に行きます。
気分が乗る日は私の注文通りに家をリフォームしてくれる器用なインドネシア人。


夕方帰ってきたら何と出来上がっていました!
半日で!

IMG_6048

夏場に星を眺めたり温泉上がりにまったり涼む場所!
家に温泉が出るのが年を取って来たからなのか幸せ感じます。

IMG_6046

手伝う父。
頭でかいな日本人。
赤ら顔の父は多分ほろ酔いだったのでしょう。
テンション高めで褒めてくれました。
何かあればすぐ直してくれる婿の器用さにご満悦。

父「ここでビール呑んだら美味しいだろうねー!」


インドネシアでは自分のアパート修理に
専門業者を呼んでも自分の方がまだマシと、水道電気ガスも自分でやっちゃいます!

リンナイのガス給湯器をつけた時ガスと水道のパイプ逆につけて帰った業者がいた‼️恐ろしい


自然とインドネシアで鍛えられ、日本で親に貰った家をコツコツリフォームしながら更に上達しています。
最近道具はプロ仕様を選びたがる💦


輸入材を27枚購入し後は家にあった木やリフォームした時に出た廃材。


今日は楽しそうな顔をしていたので夜はバリ風レストランへ行こうと出かけました。
妻の給料日。
いつも有難う!
明日は塗装らしい。
私は美容室で綺麗になって来ます。
それなりに😁

IMG_6051

お疲れさん!

KALIBREはジャワ島の中の

バンデゥンで作られているバック。

バンデゥンはバンドンとも言われますが

縫製の町として有名でお洒落なカフェや

ショップが並ぶジャカルタよりも買い物

しやすい所です。

FullSizeRender
これはバイクに乗る人用のバックです。

日本では高めなのですが、縫製もしっかりして

5年保証が付いてRp190000!


保証を疑う日本人ですがファスナーなど

壊れた時は送料を払えば無料で直してくれる

そうです。
FullSizeRender


因みにファスナーはYKKとは書いていません。

このブランドの名前入りのファスナーです。



バンデゥンはYKKの工場もありますが

偽物も出回っています。

生地屋さんへ行ったら本物と偽物が

選べます^ - ^


日本でも使っていてファスナーが固い、

折れた、閉めても開いてるとか💦経験あると

思います。

あれ偽物!

FullSizeRender


ウエストと太ももに付けられるので

バイクに乗る人は安心・安全・便利!


このブランドはデパートに入っているので

是非日本へのお土産におススメです。

バイクが多いインドネシアですから

バイク用品充実しています!





フェイスブック利用者が世界一の

インドネシアではバイクもフェイスブックで

買います。


俺はこれだけしかお金が無いけど

バイクが欲しい!革ジャンが欲しい!

「お金の欲しいやつ誰か持って来いやー!」と

こんな写真^ - ^

FullSizeRender
土に植えるってインパクトありすぎ!





日曜市に出かけた夫は小鳥を買いました。

「チャンクリルン」と西ジャワの

tasikmalayaでは呼んでいる声の良い鳥です。

FullSizeRender


たまに小鳥情報を載せるのですが、

インドネシアは鳥をペットとして多くの人が

飼っています。

5羽なら家の軒先に鳥かごが5個吊り

下げてあります。



育てながら鳴き声で癒やされ買う人が居たら

お金になるし、卵から又雛が孵るかも

しれないと皆期待しています(^o^)



この日夫は小鳥屋の一番目のお客さんだったようです。



インドネシアでは商売人の間での

ジンクスがあり、そのお店の一番目の

お客さんには損をしてでも

その値段で売らないと一日うまくいかない!

とか何とか・・・。そんな感じ!




小鳥屋「Rp50,000でいいよ」

夫「Rp20,000しか持ってないし」

小鳥屋「じゃあRP30,000でもいいよ」

夫「Rp20,000じゃないと買わない」

小鳥屋「しょうがないなぁー!今日最初の

お客さんだし、もうしょうがないか・・・」



ここでRp20,000渡すと

小鳥屋「もうちょっと頂戴」

夫「無理」



インドネシアではおつりを貰う時まで

気が抜けません。

最後の最後まで(^^;)




たまにおつりを確認して足りないよと言うと

笑って返してくれます。

詐欺!と言いたくなるかも知れませんが

結構普通によくある事です。

こんな事で怒ってたら暮らせないと

自分に言い聞かせる夫と私😅



先ず日本では無いことなので腹立つ人も

居ると思いますが、

これが市場や道端で買うときの醍醐味だと

思って楽しんで下さい。



面倒な人は細かいお金を持ち歩きましょう!


一番はデパートやモールなら値段付いて

ますから安心で疲れません。

IMG_4710
お風呂上がりのボビー💕


昨日石のフェスティバルが近くであり覗いて来た*\(^o^)/*
今有名なのはアチェとガルッで採れた石たち!
後オパールの産地でもあるバンテンの綺麗な綺麗なブラックオパール!

木が化石化した状態で中は真っ黒の炭のような石を発見。
「これなに?」
「ブラックオパールだよ!」
「えーこんな状態で出るの?」∑(゚Д゚)知らなかった。
それもいろんな形の物が大量に!

遠浅の海岸で採れる事は読んだことあるけど、木もブラックオパールになるのかどうか?
写真は撮ってないから何とも言えないけど・・・
その腕のような形の木のブラックオパールから、オパール化した部分が取れるかどうかは
わからないらしいんだけど、お値段は2500円位。
長さは15センチ位。

オパール化した部分を2センチから3センチにカットした小さい黒い物も2500円。
冒険したいなら自分で探し当てたいよね(((o(*゚▽゚*)o)))
勇気がいる買い物は迷って迷って決められない!
お財布の中も3000円位しか無かったしね。
「又後で来るよ」と言い残しお次へ

宝石とはまた違うjemstoneがとっても綺麗で^o^
値段聞いてビックリしたり、納得したり、まぁ楽しいこと!

ブラックオパールの指輪は一万円でした。
1番高価な赤い色がどれも入っていて素敵でしたよ!

自分用にダーリンに作ってもらおうと綺麗な石を発見。
名前はパンチャワルナ!
色が混ぜ混ぜって意味らしいけど、赤や緑や黄色や透明な部分もあり凄いの(^o^)/
店頭で全て水に付けてあるのは、研磨してないから色がハッキリ見えるようにと、
白い普通の石も水につけるとまぁビックリ!!

インドネシアにいる間は珍しい石を集めてみようと力はいっちゃいます(((o(*゚▽゚*)o)))


このページのトップヘ