タグ:仕事

IMG_4843

ガンガンに音楽をかけレストランに入ってくる

オヤジ!

肩に掛けているのはスピーカー。

手に持っているのはマイク。

これもインドネシアの職業の1つです。



アップにすると!
FullSizeRender
歌が上手な人が歌手になるためでは

ありません。

妻と沢山の子供の為にお父さん自分に

出来ることを考えてやっているのです!

「泥棒する勇気があるなら歌を歌え!」^ - ^



こんな時は多めにお金を渡します。

多めと言っても食事代よりも少なめ

ですけどね。


観光地のレストランならこんな人がどんどん

入ってくる所もあったりして、落ち着かないし

お金無かったら、取り敢えずRp100とか

コインを渡す。



貰ったらすぐ次のお店に行くので

もっと長く聞きたかったら曲の終わりに

渡しましょう!

耳が痛かったら早めに渡しましょう!



お店の店主が渡してくれる所もあります。

本来は儲かってるお店の人が渡すのが

常識だと思うのですが・・・。

この国で常識という概念が無いことを

私は知っている!

FullSizeRender
こんな時はいつも思います。

自分の親も必死で私達を育てて

くれたんだろうなー!

流しの話は聞いたことが無いけどね^ - ^



夫も老人を見ると亡くなった父を思い出すと

日本で言っていました。

だから私の両親や祖母が不便そうにしていると

すぐ手助けしてくれるし修理してくれます。

ありがたや!



年金があり老後に海外旅行に行ける日本人も

居れば、必死でお金を探す写真のような人も

インドネシアでは沢山見かけます。



年を取った人にみんな優しい理由は

苦労している人を実際見ているから

なのでしょうね!

お父さん頑張って!!





買い物に行くと何処からともなくやってくる

パーキングのお兄さん。

絶対事故しないような大丈夫な場所でも

「オーライ!オーライ!」と誘導して

くれます。

バイクの誘導でRp2000渡さないといけません。


たった20円ごときですが、何件も品物を探して

回る時は、何も買わないのにパーキング代

だけでも大きいです。

たまに制服着ている人もいますね。


そのパーキングの仕事がしたいなら

約25000円お金を払わないといけない

そうです。

誰の懐に入るのでしょうか?


誰もやりたくない仕事だし、誰でもできる

仕事です。

なのにワイロ渡さないと出来ないなんて・・。



軍で働くおじさんに

「息子さんも軍に入るのですか?」

と尋ねてみると、

「今は200万円無いと

入れられないんだよー!だから無理!」

えっえーー!!


人気のある理由は、公務員で年金もあり

皆んなから尊敬される存在・・・。

これは警察も軍も似ているようです。



全員ではないですよー!

立派な志で入る若者もいると思います。

年金の無い親の為に公務員になろうと

頑張って入る人もいます^ - ^




ワイロ撲滅の旗がなびいている場所でも

ワイロを渡す人から早くやってくれるのです。


これは慣れないと疲れて病気になって

しまいます。

話し聞くだけでもイラつきます!



詐欺やワイロが嫌いだからと、戦う姿勢の人は

クタクタになり鬱になりますので

なるべく近付かず、どうしようもない時は

現地の人にお任せしましょう。


あくまでも巷の噂ですからね!

尊敬はもうされなくなっているのでしょうか?

渡したワイロ回収のためにネズミ捕りするとか

聞いた時にはショックでした。

真実は分かりません😅💦💦

これはインドネシアで生活していれば必ず

経験あると思います。


家作りの時の大工さんや工事やさん、

お手伝いさんなど助けが欲しい時は

とても助かる存在です。


しかし中には仕事が1日で終わりそうなものを

5日間も掛かる人、掃除が下手で困る通いの

お手伝いさんとか。


言っても聞いてくれないとか、改善が見られ

ない場合は辞めてもらうしかありません。


明日から来ないで!と、

言いたいけど言えない💦


外国に住んでいると嫌われたら最後です。

住めなくなってしまいます。



そんな時はこんな言い方があります。

「取り敢えず忙しい時期は終わったから

又忙しくなったらお願いね。」


その人なりに一生懸命だと思うのですが

どうしても日本と比べてしまうので

不満が溜まります_:(´ཀ`」 


でも「首!!」なんてはっきり言ったら

ダメ!ダメ!

自分が正しいと思っても他の国に行ったら

気を使わないと問題が起きます。


又お願いするね。

と言ってもお願いしなくても良いし、

インドネシア人同士もアッサリしたものです。


約束してたのに時給のいい方に何も言わず

鞍替えしてたり普通なのです。


性格を正そうと説教しても無駄だし、

その国民性には合わせるしかありません。

こんなものよ!と諦めて^ - ^



夫が頼んでいた職人さんが実は1日の仕事を

5日間も掛ける人です。


その言葉で断ったそうです。

夫がこの仕事やって!と支持すると

俺はやりたくないからあんたやって!と、

言われたそうで・・・。

何のために人を雇っているのかと

嘆いていました。



親戚のおじさんだから怪我をしないように、

体力いる仕事や難しい仕事は遠慮していた

そうですが、とうとうブチ切れそうになるのを

抑えて、

「俺が給料払っているんだから」と

言ったそうです。

何で給料払いながらきつい仕事を俺ここで

やっているんだろうか?と、半笑いしてた!

笑えます^ - ^


できればお金は知らない人より親戚に

回したいと思うのがインドネシア人です。

そうやって仕事をお願いするのが昔からの

インドネシア式。


でも他人では無いので上手くいかなくなっても

付き合いをしないといけないのが

大変な所のようですね。

だったら他人を頼んだらと思いますが、

毎回お願いする時は優しい気持ちで

思いやりを持ってお願いするのです。

でも毎回最後はストレスいっぱいで

不満が爆発してます!

面白すぎる!(*´꒳`*)

大工さんはくわえタバコ💦←最近の記事


IMG_4661

FullSizeRender

猫の俳句があるのかと調べてみると

猫が季語として使われていました。

松尾芭蕉や小林一茶も詠んでいます。



春のオスの鳴き声を受けて、相手を思い

恋い焦がれ、恋愛という狂態を演じている

ような様を俳句の中では「猫」で表現して

いるそうです。


我が家の庭先にも黒猫ちゃんが毎日来ます。

私は魚をチンしていつでもあげられるように

冷凍しているのですが、可愛い声で鳴くときも

あれば、シャーと怒った声を出したり、

何なのでしょうか?

その様子を観た我が家のウサギは足をダンダン

鳴らし、怒っているぞー!とアピールして

います。

どこを観ても癒されます(*´꒳`*)

ウサギも猫も可愛い💕














BlogPaint
                                          インドネシアのパガンダランビーチの

シーフードレストランで

歌手の卵が3人入ってきて熱唱!!

その勇気ってすごいよね!


でも、よーくある光景。

「こっちに来るなー!こっちに来るなー!」

と、心で思ってしまいます^ - ^


ゆっくり食事したいのに、ジャンジャン

歌手の卵が寄ってきて、逆に高い食事と

なってしまう事も!



パーキング代をどこでも払わないと

いけないので、目的の物が無くて買えなくても

パーキング代と歌手の卵にお金渡してたら

かなりの出費です!


車のパーキング代は更に高いし。

お金持ってないと出掛けられないです。


バスに乗った時も歌手の卵が交代で乗って

来て、ヤクルトの空の入れ物に小石を入れて

楽器にしてました!

歌は凄いヘタ!

自分で作った様な即興のストレスソングを

聞かせてもらいました。


皆んな何とか食べて行こうと必死です。

ギャンブルでは無く、取り敢えず自分の力で

稼いでいますから偉い!

このページのトップヘ