FullSizeRender
この大暴れの仔猫ちゃんは4月1日生まれ。
手前のお母さんはよく遊びに来る野良ちゃんで餌をあげたり可愛がっていました。

最近お腹が大きくなってきた感じ。
ナデナデ出来るほど信頼関係を私と結んだのでお腹にそっと手を当ててみました。
動くーーーー!!
又妊娠してるー!!


インドネシア人夫は命の有難さを深く論じる人なのでこの妊娠に喜んでおります。

このペースだと1年に4回の妊娠もあり得るのでは?
前回の出産時の様子にとても似ています。

1.食欲旺盛
2.歩き方がゆっくりでお腹が横に出ている
3.とても甘えてくる
4.出産場所を探している様子
5.仔猫がじゃれてくるのに対して「ヤメテー!」と叫んでいるような猫語が聞こえてくる

以上が猫の妊娠後期の様子です。

1週間前に駐車場に居た仔猫を育てて欲しいと猫好き友人から連絡が来ました。

風邪で具合がかなり悪くて猫も目が目ヤニで開かない状態と言っていたので、夫と話し合いお断りしました。

友人は猫が居ないと生きていけない!というくらいの猫好き、家猫二匹、身の回りのもの猫グッズだらけなのですが、仔猫は家猫二匹が嫌がって殺すかもと心配していました。

威嚇はしていたようですが慣れる前に、その仔猫は天国へ召されてしまいました。
小さ過ぎたし何か病気もあったのかもしれません。
最後優しい人に見守られて良かったね!と皆んなで彼女の優しさに感謝です。

夫が言っています。
猫好きの人は幸せそうな人が多い。
動物全般可愛がる中で生死から命の大切さなど大きな学びが自分の人生の糧になるのでしょうね。
悲しい体験もするけど命に関する経験って大切なんですね。


無事に出産してくれるようにドキドキしながら待ちます!
仔猫が3ヶ月経たないうちの妊娠です。
そんなことってあるんですね。
餌が豊富で健康状態が良いとか子宮の回復が早かった?保護活動家のトミーおばあちゃんに聞きました。
凄いです!


ウサギ小屋に勝手にダイブしてウサギをいじめる仔猫!
元気あり過ぎて凄い!
FullSizeRender