インドネシア男性は普通シャイです。

しかし日本生活が長い外国人夫はフレンドリーな日本人からよく声を掛けて貰うのでもうシャイとは呼べません。

FullSizeRender
夫は同僚の女性が気になると30代半ばの男性から相談を受ける。

何を話せば良いかわからない?
緊張して話せない。
今迄女性と話す機会が無かった。


うーーん!
さてどうするか?


夫の答えは
仕事の話なら沢山何を話しても嫌われないから、まずは仕事の話をして。

どんな仕事内容なのか、いつから勤めているのか、会社の雰囲気、困っている事、残業、沢山ありすぎて数えられ無いし、デリケートな話ではないので女性も沢山話が出てくる。


絶対仕事の話では嫌われ無い。
そのうち会社の愚痴から相談に変わるかもしれない。
聞いてもらえる人がいる事が女性にとっては癒しの時間。
聞き上手が好かれるしモテる。
心を開ける相手だと思っちゃう。


そこから徐々にどこへ住んでいるのか。
休みの日はどうしているのか。
家族はいるのか。

そこからストレートに聞けない大切な事!それは既婚者なのかどうか知ることができる。


好きですなんて突然言うのは絶対ダメ。
話の中で好意を抱いてもらうのが一番。


夫の所に探し物にその彼女が来たらしい。
「僕のものじゃないから◯◯さんに聴いてみて!」


彼はそれを横で聞いていて、一瞬目が飛び出るような顔だったと!
胸が💕💕💕


その日から夫のニックネームは「おじさん」から「師匠」に変わったらしい。

ナンパの方法をアドバイス出来るほど日本語も上達しました。
日本人の皆様有難う!


ニックネームがおじさんになったのはここ!